女性の薄毛トラブル|症状に合わせた育毛促進方法

対策方法と原因

育毛サイクル

自分でできる対策方法

50代の抜け毛を対策するためには主に3つのことが大切になってきます。まず1つ目は食生活を見直すことです。バランスの良い食事を毎日3食食べるにし、髪の毛や頭皮に良いと言われているたんぱく質やミネラル、ビタミンや鉄分などの栄養素を多く含んだ食材を取り入れるようにすると良いでしょう。2つ目は、シャンプーを見直すことです。シャンプーで髪を洗うときにきちんと洗えているか、爪を立てて洗ってはいないかなど洗い方にも気をつかうように心掛けましょう。また、50代の抜け毛用シャンプーなども販売されているので、そういったものを試してみることも大切です。3つ目は、紫外線です。頭皮も紫外線によるダメージを受けています。帽子をかぶったり日傘をさしたりするなどをして、なるべく日焼けをしないように注意をしましょう。

原因になっているものとは

抜け毛の原因には様々なものがありますが、50代の抜け毛の原因として考えられることが主に5つあります。まずはじめに、加齢が原因として考えられます。年を重ねるにつれて、だんだんと毛母細胞という髪の毛を生やす機能のある細胞が衰えます。これによって抜け毛が引き起こされているのです。2つ目がストレスによるものです。ストレスを感じすぎると血管が圧迫され、血行不良が引き起こされます。血行が悪いということは抜け毛や薄毛の原因にもなってしまいます。3つ目はシャンプーが合っていないということです。長く使ってきたものでも、50代になってから合わなくなったという声も多く上っています。抜け毛用のものを使うということも1つの対策方法です。この他にも生活習慣が悪い、何か他の病気にかかっているなどということが主な原因となっています。身に覚えがある場合はすぐに改善して抜け毛を対策するようにしましょう。